読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちょぱ応援ブログ

みちょぱ(池田美優ちゃん)を応援するブログです!

クリーミュー以外でみちょぱがこれまでにプロデュースした商品の数々

みちょぱくらいの超人気モデルになると、いろんな商品プロデュースの話がくるようです。

 

一番有名なのは、泥泡洗顔の「クリーミュー」ですよね。Twitterとかインスタとかでも大人気で、そうとうなヒット商品になっているのではないでしょうか?

 

もちろん、私も使ってます!

 

クリーミューはみちょぱがプロデュースした洗顔料っていうのはみんな知っていると思うので、今回はクリーミュー以外のみちょぱプロデュース商品にどんなものがあるのか調べてみました。

 

骨盤矯正ショーツ「DOPESHAPE(ドープシェイプ)」

これは知らなかったんですけどw、骨盤矯正ショーツなんて作っていたんですね。雑誌でもずいぶん取り上げられていたみたいです。

 

骨盤ショーツなんて言うとちょっとおばさん臭いイメージがありますが、このドープシェイプは若い子が「ばれずに」履けるというかわいいデザインのもの。実際にみちょぱが形や色、素材などをメーカーさんと打ち合わせて、試行錯誤の上でできあがった骨盤矯正ショーツです。

 

ローライズでも腰からはみ出さない形だったり、ホワイトのパンツスタイルでも色がすけないベージュのものがあったり(ブラックもあり)、おしゃれと骨盤矯正を両立できるような作りになっているんですね。

 

Magic to love White Lovers 

このシリーズには、

・ホワイトシャボン フレグランスマルチミスト

・北海道ミルクハンドクリーム(北海道のドンキホーテ限定発売)

・ホワイトヴェール フレグランスモイスチャーボディクリーム

・ホワイトシャボン オードパルファム

といったラインナップがあります。

 

どれもみちょぱがプロデューサーとして開発にかかわった商品。

 

特に、オードパルファム(香水)は、みちょぱの気合の入れ方が違うな~と感じる商品です。香り、デザイン、付属のアクセサリーまでみちょぱがこだわってプロデュース。

 

超人気の商品ですね。

 

NEIL by EYEMAZING ネイルチップ

人気モデルがネイルデザインをセレクトするEYEMAZINGシリーズの第一弾として、みちょぱによるセレクトが発売されています。

 

ネイルチップ選びって意外と難しい(外しやすい汗)ので、こういうのって助かりますよね!

 

Dope Winkカラコン

盛りたい人限定!なんて書いてありますが、その通り(笑) 直径なんと14.5mmもあるんです。

 

Glossy、Eye Catch、Breakの3シリーズ9種類。しかも、パッケージもみちょぱの手によるものです。

 

みちょぱみたいな瞳を目指したいなら、要チェックですね!

 

L.O.G サロンシャンプー リッチマーメイド

青山にあるL.O.G by U-REALMという、みちょぱがプライベートで通っているサロンとのコラボ商品、ノンシリコンシャンプー&オイルです。

 

ボトルのデザインも香りもみちょぱがプロデュース。当然みちょぱも使っています。

 

シャンプー自体もノンシリコンでダメージヘアをしっかり補修してくれるので、かなり品質がいいのが分かりますね!

 

*  *  *

 

ざっと探してみたかんじでも、これだけのみちょぱプロデュース商品がありました!

 

さすが、超人気モデル。美容やファッション、ダイエット関係からひっぱりだこのようです。

 

しかも、こうして調べてみて気づいたのは、

 

「みちょぱ、ほんとにちゃんとかかわってる!」ってことです。

 

変な言い方ですが、名前だけ貸してあとはおまかせ~みたいな人も多いと思うんですよね、こういうプロデュース仕事って。

 

でも、こうした商品を見てみると、ホントにみちょぱが意見を出して商品やパッケージづくりに深くかかわっていることがわかるんです。

 

みちょぱのこだわりが反映されているんですね。

 

みちょぱのこれまでの経歴は?

みちょぱが初めてポップティーンの読者モデルとしてデビューしたのが中学生のとき。

 

最初はポップティーンの別冊「JC Popteen」で、同じ中学3年生6人で結成された「スーパーJC」として活動していたみたいですね。

 

正直このころのみちょぱの印象はそんなにないのですが、よく考えると最初から「スーパーJC」とかって選抜されちゃっているわけですから、やっぱりそうとう目立っていたんでしょうね。

 

その後は、もう一気にトップモデルへの階段を駆け上がっていったかんじ。

 

2014年に本誌ポップティーンの専属モデルになると、すぐに表紙も飾って、2015年にはなんとモデルの大倉士門と一緒にROYALcomfortの「もう嫌って」のMVに出演しちゃいます。

 

MVなんで演技力はどーのこーのいうレベルでもないかとは思いますが(ごめんね!)、それでも引き立つのがみちょぱの表情!笑ったり、泣いたり、怒ったり、悲しみをこらえたり、、、そんないろんな表情を見せてくれます。言葉なしで、表情だけでこれだけの感情をしっかり表現できるんですから、演技力をつければ女優への道も開けてくるかもしれませんね!

 

このあたりからテレビなんかにも出始めるようになって、一般的にもすごく知られてきたと思います。「ダウンタウンDX」に出演したり、「サンジャポ」のコメンテーターとして抜擢されたりと、モデルの枠を超えた活躍を見せてくれています。

 

そして、2016年には泥泡洗顔のクリーミューのプロデュースにも関わったり、他にもネイルチップやカラコンなどのプロデュースもするなど、モデルとして美容やファッションへの意見を反映した商品を世の中にどんどん送り出しています。

 

こういう商品プロデュース活動はもっとたくさんやってほしいですね!

 

大会社の人たちが、数字だけを根拠に商品を作るのではなく、私たちの代表の(とか勝手に思ってる)みちょぱみたいな人が意見を出して作られる商品の方が、圧倒的に信頼感があるからです。

 

最近では、ネットTVのAbemaTVで「イマっぽTV」という番組のMCをやっているので、毎週動くみちょぱを見ることができます。

 

どんどんメディアに進出してきているので、これからもっと活動の場所を広げてほしいですね。

 

歌手とか女優としての活動も、本気で見てみたいと思っています!

みちょぱを好きになったきっかけは「クリーミュー」の写真

私がみちょぱのことを最初に知ったのは、ポップティーンとかの雑誌。

 

ものすごく人気があって「カリスマモデル」なんてもてはやされていたり。雑誌とかネットとかテレビとかでちょくちょく目にすることはあったけど、私はみちょぱよりちょっとお姉さん(汗)の20代なんで、最初は「なーんか、生意気そうな子だな(かっこいいのは認めるけど。。。)」くらいにしか思っていませんでした。

 

ただ、ギャルとか言われてるけど、「ギャル」という一言では収まらないようなシャープなかんじは気になっていましたね。

 

にこるんみたいなかわいい系とはまたちがった、ちょっとダークな面もありそうなところが引っかかったのかもしれないです。

 

 

そんなときに、Twitterでだれかのリツイートで回ってきた写真を見て、「あれ!?これ誰??みちょぱ???」って思ったのが、クリーミューという洗顔料の宣伝?写真。

 

いつものクールでシャープで不機嫌そうなイメージとは180度違って、すごく優しいおだやかな顔。透きとおるようなキラキラしたイメージ。

 

なんていうか、今までのみちょぱが黒っぽいイメージ(ごめんね汗)だとしたら、みちょぱの真っ白な側面がそこには映っていました。

 

どうやら、みちょぱがこのクリーミューっていうクレイ洗顔の洗顔料をプロデュースしたらしいんですが、この写真を見たときに、みちょぱの可能性の大きさをビビッと感じたんです(←何様ww)

 

今までは、いくら「カリスマモデル」と言っても「しょせん読モでしょ」という目でしか見ていなかったけど、クリーミューの写真の表情を見たら、「あれ?この子もしかしてすごいプロ????」って、女の私でもドキッとするようなその表情の変わりっぷりに目が釘付けになりました。

 

しかも、クールなギャルモデルが「純白のかわいいキャラ」を演じているなんてことを1ミリも感じさせないような、体の芯から溢れ出る「笑顔・柔らかさ・やさしさ」で充満している。

 

f:id:michotan:20170519112121j:plain

写真引用元:【超本音口コミ】みちょぱの洗顔クリーミュー本当に買っても大丈夫?【効果は?値段は?】

 

↑この写真です!

 

背景のセットとか、衣装とか、構図とかでもちろん印象は変わるのですが、絶対騙せないのが「目」だと思うんです。目を見れば、それが体の芯から出ている表情なのかどうかが分かるのですが、このみちょぱの目は本物ですよね。

 

それまでのみちょぱのイメージは

・クール

・ギャル系

・ちょっと生意気そう

・不機嫌

・でもそこがかっこいい

 

それが、

 

・やさしい

・かわいい

・性格よさそう

・純白

 

こんな側面も「ある」ってことが見えた気がしたんです。きっとどっちもホントのみちょぱなんでしょうけど、この側面を見て、そしてみちょぱの表現の深さに気づいて、一気にファンになってしまいました。